バスに乗ったら乗り換えなしでスキー場に到着!バススキーツアーの魅力

都心から気軽に行けるスキーツアー

スキーと言えば、標高が高くて積雪の多いエリアに行く必要があるので、雪道を自家用車で行く場合は運転時に不安を伴います。そんな時は、バスを使ったツアーを使っておくのが良く、都心を出発すれば乗り換えなしで現地に着く商品が多くを占めています(一部商品は乗り換えが必要)。ツアーの募集期間は、12月から3月にかけてが一般的となっていますが、信越エリアスキー場の積雪量が豊富な時は、4月まで催行可能な商品もあります。

予約はどうやって行うか

ツアーの予約は、旅行会社のスキーツアー予約サイトか、街中にある旅行代理店から申し込む事が可能です。予約期限に関しては、宿泊施設とバスに空席があれば前日であっても予約する事が出来るので、突然スキーに行きたくなった場合でも気軽に申し込めます。なお、リフト券やクーポン券については、出発直前にツアー会社のスタッフから受け取ります。バスの座席は往復共に指定席となっているので、席取りでトラブルになる事はありません。

レンタルやリフト券がお得に利用可能

スキーツアーは、ツアー代金の安さ以外にもレンタルがお得に使える事も魅力として挙げられ、多くのツアーでは無料から3千円の範囲でスキーセットを借りる事が出来ます。スキーウェアも同等の金額で借りられるので、なるべく安く楽しみたい人はレンタル代金が抑えられているツアーを選んでおくと良いでしょう。リフト券は、1泊3日の深夜発プランを選んだ場合は1日券が基本的に付いてきますが、2日券にしたい時は2千円前後の追加料金で変更する事が可能です。

スキーツアーは、ただスキーをするだけではありません。人との触れ合い、郷土料理、そして温泉までといいとこどり。カップルや友人同士の仲を深めるにも、外せない冬のアクティビティーの一つです。